仕事を今すぐにやめたい!

けれどもなかなか辞めさせてもらえないと悩んでいる方は多いです。

 

「退職の話をしてもスルーされる。」

「転職が決まったけれども、今の職場で退職を受理されない。」

「退職の意思を示したけれども執拗な引き止めにあっている。」

 

こんな風に仕事を「辞めたい」「退職をしたい」と思っていてもやめさせてもらえないという労働者の悩みはどんどん増えています。

 

その理由はいろいろなものがあり、

「慢性的な人員不足」

「退職者を出すと自分(上司)の評価が下がる」

「ブラック企業なのですべてが違法」

など会社や上司の都合というものが多いですね。

 

退職を申し出ているのに退職できないということに時間を使っている間に

「転職先の採用が見送られた」

「精神的に追い込まれてうつ病になった」

「自殺をして命を失った・・・」

なんて経験をしている人もたくさんいるのです。

 

本来はこれからたのしい人生が待っているのに、会社の都合や上司の都合で大切な時間を使ったり消耗をしていたはもったいないですし、早く辞めたいものからすると引き止めはとても煩わしいものです。

 

そんな退職の悩みを持っている人にご紹介したいサービスが「退職代行サービス」です。

 

退職したいけれども退職させてもらえない、執拗な引き止めにあっている、仕事が辞められず転職先へ行けないなど退職に関する悩みに対応をしてくれますので相談をしてみましょう。

 

退職代行サービスとは?

このサービスですが、ここ数年で爆発的に人気を集めています。

 

退職代行サービスとはその名前の通り「あなたの代わりに退職の申請を代行してくれるサービス」のことを指しています。

 

もちろん本来は退職願いや届けを出されたら会社はよほどの理由がない限りは受理をしないということはないのですが、最近はどこの会社も人材不足のため一人の退職が非常に大変な状態に陥ります。

 

また、ブラック企業を中心に建設関係、運輸関係、配達関係など働きたい人が少ない業界は非常に大変な状態なのです。

 

そのような現実的な問題が多いことから労働者が退職を申し出たとしても受理をせずに無理に働かせたりすることが社会問題となっているのです。

 

執拗な引き止めによる体調不良

仕事の退職トラブルは非常に多くなっています。

 

その大きな問題は前述をしている通り空前の人材不足があり、退職したくても退職できないパワハラのような上司や会社の対応も横行をしており辞めたくてもやめられない人が後を絶ちません。

 

「ここまで育てた恩をあだで返すのか」

「損がでるので損害賠償請求をする」

「辞める時期は会社と上司で決めさせてもらう」

「仕事の引継ぎに3年はかかる」

 

こんな驚くような言葉の発言や、執拗な退職の引き止めにあい、結局退職を申し出た人が体調を崩してしまうというおかしな状態が起こっています。

 

そんな退職したいけれども退職できない人のためにできたサーボスが退職代行サービスです。

 

退職代行サービスが誕生し、今では月に300名以上の依頼がありニーズは年々増加傾向。

 

仕事を辞めたい現状を家族に打ち明けたとしても両親から退職の旨を伝えると「あいつは常識がない」と会社から余計にターゲットにされかねませんし訴えられる可能性もゼロとは言えません。

 

そのため問題なく円満退職をするためにもプロが対応をすることで円滑に退職まですすめてくれます。

 

退職代行サービスの料金と利用方法

そんな退職代行サービスの料金と利用の方法について紹介をしていきます。

 

もし、前述をしたような退職をしたい、仕事を辞めたいけれども退職させてもらえないと悩んでいるのならば退職代行サービスの利用を考えましょう。

 

これからの明るい人生を、そんな無茶苦茶な会社や上司に壊されてはいけません。

 

将来を楽しく過ごしていくためにも「仕事を辞めたいけれどもやめられない」というときには一度相談をしてみると良いですね。

 

転職代行サービスの種類

転職代行サービスを利用するとなった場合に知っておきたいことが代行サービスと言ってもいろいろな種類があります。

 

種類は主に2つあり法律相談事務所系と民間の代行業者系ですので、あなたが退職をできない状況によってどちらに依頼をするかの検討しましょう。

 

法律事務所

法律事務所はその名前の通り弁護士など法律に関するスペシャリストが対応をしてくれるため最も安心ができる退職代行サービスです。

 

会社によっては退職を代行したことにより不利益を感じたということから損害賠償などの話になりかねません。

 

しかし、そこは法律事務所なのでそのような問題に対しても法律の視点から対応をしてくれますので安心材料も多いですね。

 

安心感は高いのですが、代行業者と比べると料金が高めになるというのが唯一のデメリットもあります。

 

退職代行サービスへ無料相談

 

代行業者

代行業者はあくまでも民間の業者があなたの代わり退職の旨を伝え対応をしてくれることになります。

 

あなたが退職したいけれども退職できないと悩んでいると「代わりに退職を申し出て対応をしてくれる」業者となっておりここ最近人気をあつめています。

 

ただし、あくまでも民間の会社が行うサービスなので上記で紹介をした専門的な法律の視点はないため損害賠償などの問題が生じた場合にはどこまで対応をしてくれるかは不明瞭です。

 

料金は法律事務所と比べると安価なので、ただ退職を申し出たいけれども引き止めに会いたくないというならばこちらのサービスでもよいでしょう。

退職代行サービス「退職代行ニコイチ」

 

利用の方法

利用の方法は簡単です。

 

退職代行サービスを行っている弁護士事務所へ電話やメールで相談をして依頼をすれば完了です。

 

あなたの状態や会社の状態などを伝えればあとは依頼をした会社にお任せしておけばよいです。

 

基本的な流れは以下の通り。

1,退職意思、退職届の提出代理

2,即日退職も可能

3,会社に行かず誰にも会うことがなく退職可能

4,精神的な苦痛・悩みからの解放

5,会社から損害賠償請求された場合の交渉

退職代行サービスを利用すると会社としてもたいがいは退職を受理せざるおえません。

 

しかし、中には退職代行に失敗をして会社から「勝手な退職」だと損害賠償請求をされたケースもあります。

 

そうなると民間の業者では対応をすることは難しいので、できれば法律のプロである弁護士事務所へ依頼をするほうがそこまでもサポートして安心できます。

 

本来はあなたが退職届を出した時点で円満退職になるべきなのですが、うまくいかないからこそこのサービスは便利です。

 

利用料金の相場

退職代行サービスの値段は依頼をする事務所によって異なりますが、弁護士事務所の場合は以下のような値段となっています。

 

相場としては以下の表を参考にしてください。

相談料 無 料
着手金 54,000円(税込)
オプション費 ※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%
実 費 郵送料など

もちろん他にも費用がかかるケースもありますが、次の職場へも希望を持っていくためには安いものではないでしょうか?

 

ちなみに民間の会社に退職の代行を依頼した場合の料金を退職代行として一番有名なEXITでみてみましょう。

 

こちらも正社員で50,000円、パートで30,000円となっており退職完了まで追加の費用はいただかないという徹底ぶりですし、14年の退職代行サービスを実施してきているサービスのニコイチは29,000円という退職が完了するまでは費用もかかりません。

 

他にもSARABAだと30,000円と費用は民間だと3~5万円程度が相場となっている印象です。

 

もちろん費用的には弁護士事務所の方が高くなりますが、退職代行に失敗をしたり会社側から訴えられると弁護士に結局は依頼をしなければなりませんので、できれば法律系の弁護士事務所にしておき、損害賠償などの心配もないくらいならば民間に依頼をしましょう。

 

ただし、民間業者でも実績のある所へ依頼をする方がよいでしょうね。

 

退職代行サービスへ無料相談

退職代行サービスを依頼する理由

もちろん自分が退職を申し出て退職ができれば一番良いのですがそんなに簡単には言い出せない理由もあります。

 

そこで実際に退職代行サービスを利用した人の体験談をみてみましょう。

 

入社をしたばかりで言い出しにくい

正社員 2ヶ月 営業27歳

転職をして希望にあふれていたのですが、社風が体育会系で自分にはあわず。

しかも結構強引な営業で数字も求められる環境にやっていく自信がなくなりました。

そのため、入社をしてわずか2ヶ月ですが退職をしたいと思いました。

しかし、入社をしてすぐに退職を申し出るのにも気が引けるため退職代行サービスへ依頼をし無事に退職をさせていただき今は良い環境の会社に勤務ができています。

 

残業が多すぎる

正社員8年目 工場勤務 30歳

ずっとこの会社に勤務をしているのですが、とにかく残業が多く管理もキチンとされていないため残業代もきちんと支給をされていません。

一度は労働基準監督署からの注意が入り改善をされたのですが、また元通りになりました。

体も疲弊をしており退職を申し出たら大声を出して認められないことから自分の身を守るためにも退職代行サービスへ依頼。

無事に退職をして、残業代もある程度支払いをしてもらえました。

 

辞めたいけれども懲戒解雇を避けたい

正社員 4年目 IT 32歳

仕事を退職したいと申し出たいのだけれども、理由によっては懲戒解雇などにされる可能性もあり怖いので言い出せませんでした。

そこで、退職代行サービスへ依頼として代わりに退職を申し出てもらいスムーズに退職ができました。

一度気持ちをリフレッシュするために海外旅行へ行って充電中です。

 

他にも飲食店だと「お店が忙しすぎて退職を申し出るのが申し訳ない」「店長の辞めるなオーラがすごい」という意見であったり、

 

「社長のパワハラがひどいのでやめたいが辞めるというとどんなことをされるかわからない」

「親に知られずに退職をしたい」

「人間関係にしんどくすでにうつ病に近い状態で、まともに話せる状態ではない」

「社長が親戚で言いだしにくい」

「退職はしたいが有休がたくさん残っているので消化をしたい」

「管理職であるため、会社に迷惑をかけることがわかっているのでできるだけ穏便に話をしたい」

「ヘッドハンティングにあっておりそちらへ行こうと思っている」

 

書くときりがないのですが、退職にまつわるみなさんの理由はいろいろとありますが退職をいかに穏便に円満退職で申し出るのかというのは大事なポイントといえます。

そこで退職代行サービスが便利です。

 

退職代行を使ったメリット

退職代行サービスを使うメリットを書いていきましょう。

 

退職代行サービスを利用することで、一番にあげられるのは「退職ができる」という点はもちろんですが、本人とは違って第三者が介入をしていることから退職者がもらえるものももらえるようになります。

 

例えば、自己退職の場合には有休消化ができなかったり、退職金をカットしたりする。

 

ブラック企業ならば「そもそも支給もない」なんてこともありますが、退職代行サービスが入ることで会社も変なことができないですし、法律で決められていることは守らなければなりませんので退職金や有休休暇の取得などもしっかりとされる可能性が高まります。

 

会社と退職者の交渉だとうやむやにされてしまうポイントも対処をしてもらえるので対応が変わってきますね。

 

デメリットは退職をする会社に対して本来は自分でいうべきなのですが、代行業者が入るため「あいつは無責任だ」と後ろ指をさされることになりますので同じ業界へ転職をする際には注意をしましょう。

 

あとは費用が掛かることくらいですが、これから明るい未来を問題なく過ごしていくためならば安いものではないでしょうか?